美容整形に700万円投資して気がついたこと

美容整形前の私は、顔を変えさえすれば「せいな」というブサイクで太っていて自信のない、女かどうかも分からない醜い人間はいなくなり、別の誰かになれると思っていました。

そんな期待を胸にしていた頃から時が流れ、美容整形に投資した金額は700万円。

プチ整形や交通費などもろもろを含めると700万円もかけいて、それなのに「この仕上がりなのか」と深いため息をつきたくなります。

深いため息をつきつつも、美容整形で顔が変わらなかったわけではありません。完璧に綺麗ではありませんが、コンプレックスが和らぎ、自己嫌悪がへったおかげで随分と生きやすく、行動力も持てたと過去の私をふり返ると思います。

というように、美容整形には良い面もあれば、個人の考え方によっては悪い面になり得ることもあります。今のところ取り返しのつかない失敗はありませんが、術後にトラブルが起きたことも実際にあります。

美容整形は表裏一体の世界なのです。

そんな世界にいながら「美容整形で人生が変わった」と情報発信をしている者として、今回は美容整形に700万円投資してみて気がついた、嘘偽りのない本音を書きつづりたいと思います。

この記事で読みとれるポイントはこちら⬇️

  • 美容整形とは何か
  • 美容整形で理想は叶うのか
  • 美容整形をしても苦しい原因
  • 顔を変えた今後の私の生き方

タイピングをしながら「一体誰に伝えたいか」を想像すると、美容整形をくり返しても自分を好きになれず、途方もない虚しさを感じている方。自分の顔が醜く感じ、発狂しそうな方。もしくは、これから美容整形をして「やってやるぞ!」と、大きな期待を持っている方です。

長い記事になりますので、ゆったりと目を通していただければと思います。

少なくとも今あなたが感じている気持ち、苦しさ、悩みは私も通ってきた道です。

美容整形をしても別人にはなれない

美容整形に対して期待や夢をふくらませている方も多い中で、こんなことを言うのは気が引けますが、美容整形をするとキラキラと魔法がかかり「あらびっくり!超美人のできあがり!」のように、天地がひっくり返るような劇的な変化は起こりません。

上記の画像をご覧いただければわかるように、美容整形をすれば確かに顔は変わります。しかし、変われる度合いには限界があります。私が思うに、自分の生まれ持った素材を生かした範囲内までです。

だから「美容整形をすれば女優やモデルのように必ずなれる」と、強く願っている方は要注意。

私が『変われる度合いには限界がある』という事実に気がついたのは、ホホとアゴを小さくする輪郭形成。上アゴを短くし、下アゴ引っこめて小顔にする両アゴ手術。美容整形の中でも、もっとも変化が大きい2つの手術を受けたことです。

この手術をしてから、私が抱いている期待は幻想でしかないと、夢から覚めることができました。

輪郭形成や両アゴ手術に関しては、術前に大きな期待がありました。骨をいじりさいすれば、さすがにキレイになれるだろうと。自分を醜いと思わなくなくなるはずだろう、と。

実際にやってみたら、どうでしょうか。ホホの横幅が減り、大きなアゴが小さくなり、憧れだったEラインも手に入れ、小顔になりました。

はい、これだけなのです。

美容整形をしている方なら、共感いただけるかもしれません。顔にメスをいれて切ったり縫ったり、骨を削っても『私』という素材は消し去ることはできません。

鼻を美容整形で高くしても、少し鼻が高くなった私。目を二重にしても、目が少し大きくなった私。骨切りをして小顔にしても、顔が小さくなった私、です。『私』からは抜け出せない。

美容整形は「別人になる何かスゴイこと」ではないと、これから美容整形をする方には、ぜひ覚えていただきたいです。

理想は叶わない

私の脳内を丸裸にしているようでお恥ずかしいのですが、赤裸々にお話します。

ブサイクで太っていてた頃の私は、顔のいたるところを変えればこんな私になれると思っていました⬇︎

  • セクシーな洋服やハイヒールの似合う、大人で洗練された美人(峰不二子っぽい感じ)
  • 街を歩くたびに男性が振り返るような美人
  • 鏡を見て、不満のない顔になれる
  • 自信満々になれる
  • 明るく元気な私になれる

容姿のコンプレックスが強い反動なのか、理想ばかりが独り歩きして、「こうなれるかもしれない」と自分への期待ばかりが高まっていました。

では、実際に顔に700万円投資してみたらどうなったのかというと、理想通りにはなりませんでした。美容整形をしたからといってガラッと激変することはなく、本質的にそなわった性格や、過去のトラウマまでは変えることはできないからです。

美容整形をした今の私はどのような状態なのか、簡単にご説明しましょう。

大人っぽい洋服は好きです。ですが、洗練された美人…ではない! ましてや、峰不二子になれるわけがない! 街を歩いても誰もふり返りやしませんし、誰も私のことなんか見ていません。自意識過剰もいいところ。

鏡の向こうにいる私に対して不満をあげたら、その数は両手では足りません。

自信に関しては、これまで自分を変えるために美容整形なり、減量なりをしてきた経験があるので、経験からくる自信。物理的に顔が変わったことへの自信もあります。

ただ「自信満々ですか?」と言われたら、違います。

何か新しいことに挑戦するとき、不安や恐怖ばかりです。ライターやカウンセラーの仕事は1人でやっているので、先の見えない道を手探りで彷徨っているような感覚です。何かあったときに頼れる夫や、いつもブログを見てくれている方が居てくれているからこそ、だと思っています。

あと、人前に立つのがとても苦手なことは、美容整形をしても変わりません。

どのくらい苦手なのかというと、緊張から声や手が震えます。動悸で息切れをしてしまいます。一対一のコミュニケーションなら気にならないのに、大勢の前になると「どう思われているのか」を考える思考が強くなり、どうしていいのかわからず、頭が真っ白!

フリーズしてしまうことも、しばしば。

多分、昔のトラウマを引きずっているのだと思います。

小学生の卒業式の時、クラスメイトの前で立つ機会がありました。当時、緊張から下唇を噛むクセがあり、その顔をみられて「くすくす…」とたくさんの同級生に笑われてしまったんです。

笑いの対象は、私のクセや緊張の度合いに対してだったとしても、小学校の頃から自分の顔がコンプレックスだったので『私をみて笑う=顔を馬鹿にされている、非難されている』と感じとってしまったんです。

そんな昔話を、書きながら思い出すのでした。

美容整形をしても苦しい この気持ちには原因がある

美容整形をする前の私は、鬱っぽく引きこもり、不登校、おデブ、異性とは無縁。

そこから気兼ねなく外出できるようになり、食とも心地よく付き合えるようになり、精神的にも安定し、結婚もできました。美容整形で変わったのは顔だけではなく、心の問題も快方に向かったのです。人生を変えるには行動ありきですから、その行動力を手にいれるきっかけも美容整形だったと解釈しています。

自分で掴みとった今の私。置かれている環境に不満はなく、幸せです。

ただシコリとして残っているのは、美容整形に700万円かけても、理想通りになれなかった感覚があることです。まだ美容整形をしたいのも本音ですし、顔を醜く思う気持ちもあります。美容整形したのに、苦しい気持ちはあります。

苦しい気持ちのベースになっている、

①なぜ美容整形をくり返したくなるのか
②顔を醜くいと思う感情はどうすればいいのか

2つの疑問について自問自答し、過去と向きあったり、美容整形や女性の心に関する本も読みました。

その過程では、容姿を気にする気持ちと関連する過去のトラウマに気がつき、自分でなだめるのも必要なことではあります。あとは、完璧主義をやめること。しかし、それ以上に大切なのは、①原因に気がつく ②自分を受け入れる の2つだとわかりました。

美容整形をしても苦しい気持ちの原因は、強い自己否定・自己嫌悪。そして、ありのままの自分を認められないところにあります(もちろん「今の私をよくしたい」「綺麗になりたい」と、前向きな気持ちで美容整形をしている方もいらっしゃいます)

なので、この原因を解決しなければ、美容整形をしても苦しいまま。

自己否定・自己嫌悪をおさらいすると、以下の通りです。

■自己否定
(「醜い私はなんてダメなんだ」と、自己を否定する気持ち)

■自己嫌悪
(「なんて私は醜いんだろう」と、嫌悪する気持ち)

例えば、この感情を美容整形に置きかえてみると、心の中で根強く、世界で1番嫌いなのは私で「醜い私は価値がない」と思い込んでいる。誰になにを言われても、頑なに「私は醜いんだ」と思い込んでいる状態です。

だから、「自分を好きになるために美容整形をするんだ! 理想に近づけばきっと自分に納得できるはず!」と、美容整形にしか視線がいかなくなります。

自己否定・自己嫌悪は自分を好きになりたい裏返しでもあるので、狭まった選択肢から「美容整形しか好きになれる方法がない」と考え、実行します。

でも、高い理想がジャマをします。それでも自分を好きになれる期待を胸に、理想に届くまで美容整形をする。その理想が高ければ高いほどエンドレス状態におちいる、という仕組みです。

もし当てはまるなら、自己否定・自己嫌悪が強く、自分を受け入れていない現れでしょう。なぜかというと、例に出したのは以前の私だからです。

ここで、踏みこんで必要なのは、次にどんな施術をうけるかではなく、

①自己否定・自己嫌悪が苦しみの根源であると気がつくこと
②美容整形をしても、思い描く自分にはなれないと理解すること
③美容整形をくり返し、顔を醜く感じる気持ちは自ら作りだしていると気がつくこと

以上の3つです。

負の感情の中にいると客観視しにくく気がつきにくいものですが、文章化すると気がつきやすいので、もしモヤモヤがあるならノートに書き出してみるといいかもしれません。

しかしここで、

「私は醜いんだから、自己否定・自己嫌悪しても当たり前!」
「受け入れるなんてできない!」

と、思う方もいるでしょう。そう思うなら以前の私のように強い自己否定・自己嫌悪がある証拠なわけですが、実は自己否定・自己嫌悪はなんにもメリットはありません。できるなら、今すぐ捨ててください。

あなたの残り少ない自己肯定感や自信をはぎとるだけではなく、自分を傷つけるだけ。自己否定・自己嫌悪は思えば思うほど大きくなるのが特徴で、思考のクセになります。

また、どんな人でも自分を受けいれることはできます。自分を受けいれるとは、完璧に綺麗な自分になってからはじめて受けいれるのではなく、今の私を受けいれることこそが、本物の『自分を受け入れること』ことです。

  • 醜い自分
  • 不完全な自分
  • 綺麗ではない自分
  • スタイルの悪い自分
  • 美容整形をしたくなる自分

「まあ、それでもいいかな」と、思うだけでいいんです。どうでしょう? 楽になりませんか?

今はまだ違和感があるかもしれませんが、次第に自分の思考になっていきます。

大丈夫、それでいい。

目標は叶わなかった じゃあ、これからどうする?

「美しい女性になりたい」

この目標を支えに生きてきました。

日頃考えていた頃は、美容整形して顔を変えること、痩せることの2つ。

自分の中で『細い=美しい』の価値観があったので、食べるものひとつひとつ「太らないか」基準で考えたり、過食をすると、食べた自己嫌悪から部屋の片隅で大泣きすることもありました。この地球上で嫌いなものは、私でした。

だから、容姿さえ整えれば自分のことを好きになれて、もしかしたら好いてくれる異性が現れて、寂しく辛い人生から脱出できるかもしれない。

そんな寂しい女が美容整形に700万円かけたのが、この記事のはじまり。

私が美しい女性になれたかどうかは、読者の方によって感じ方が変わるでしょう。

「700万円かけてこの顔?」
「変われたなら、いいんじゃないの?」

どう思われようと、別にいいんです。

今の私が自分に評価をするなら、「美容整形をしても100点にはなれなかったけど、よくやったかな」です。十分にもがき切りました。

悪く表現すれば、失敗です。

「美しい女性になりたい」の目標に挑戦し、見事にやぶれたのです。ここまでやって目標に届かないなら、諦めるべき時がきています。

しかし、失敗や諦めは、悪ではありません。

目標を達成できなかったなら、次の目標をつくり、再スタートすればいいだけなんです。その前に諦めなければ、次のステージに移ることさえもできません。

また、もっと柔軟に解釈するなら、美容整形の経験をお金で買うことができたとも受けとれます。経験の使い方によっては、仕事や人生のモットーでもある『容姿に悩んでいる人の味方であること』に、役立てることができます。

悩める女性や仕事に還元できているなら、それでいい。

昔よりもマシな顔になれただけでも、それでいいんです。

こうして、ブサイクで太っていた自分を嫌悪した10代。顔を変えることに闘志を燃やした20代前半。容姿に悩むことに関してトータル10年以上の歳月をついやし、次第に価値観や思考も変わってきました。

「これ以上、頑張らなくてもいい。もういいよね」と声をかけ、自分の肩をポンっと叩いてあげるつもりでいます。

いい意味で目標をすて、諦める。

次のステージにむかって生きていきます。前を向いて。

こんな記事もおすすめだよ

ルフォーSSRO(両顎手術)+輪郭形成の記事まとめ

海外で人生を変えたいあなたへ マレーシアで働きませんか?

【お知らせ】ルフォー、SSRO、オトガイ形成、頬骨弓骨切りのインタビュー動画が公開されました

自分の顔が嫌いすぎて生きにくい人のためのセルフマインド術